上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
比較的食い倒れていないセブ島の旅。
フィリピン料理ってどんなの?と思っていたけど、意外と私好き

豚肉や鶏肉を使っているお料理が多いけど、ローリンググリルや煮込みなどで脂っぽさは無いし、辛かったり酸っぱかったりも好きなお味だし。

だけど、セブ島の目的は美しいビーチでのんびり過ごしたり、ダイビングしたり、自然を見たりなので美味しいレストランとかに行く機会がほとんど無かったのですよ。

いいよいいよ、ガポーのオーチャードにあるLukcky Plazaでフィリピン料理食べるよ

<5日目>

友人も本格的に復活。
ビーチに行こうかと話していたけど、まだウッキー(雨季)のフィリピンなのでスコールが心配。

なので、ボホール島で1日観光ツアーに参加することに。

朝はこんなに晴れてホテルから見た海も美しいんだけどね~
862_convert_20120203230703.jpg

大き目のバスが満席で補助席も活用するほどの人気のツアーっぷり。
まず初めに向かったのはボホール名物、小さな小さなお猿のターシャ見学。

いきなり目玉かいっと思いつつも、何気に楽しみにしていたこの子。

檻も柵も無い施設で小さな森の中をガサガサ歩いていくと・・・

いたーーーーーーっ
873_convert_20120203230741.jpg

この子、モデル魂を持っておりまして、呼びかけるとこっちを向いてポージングしてくれる
886_convert_20120203230928.jpg

が、シャッターのタイミング間違えるとモデルも違う顔を見せる・・・
884_convert_20120203230818.jpg

ヨーダ様だ
Yoda_SWSB[1]

この手のひらサイズのかわいいお猿(正確には猿の種別では無いらしいが)、目が大きいし繊細なのでカメラのフラッシュは切るようにってガイドさんが何度も言っているのに、明るい写真が撮りたいがゆえにビシバシフラッシュをたいて写真を撮ってるバカモノが

フラッシュダメだよって言うと、まるで初めて聞いたように「Oh!!Sorry~」だとさ

こうゆう観光客がいるから、段々写真が一切ダメになったり近くで見れなくなったりするんだろうな・・・
小さなこの子達を守りながら触れ合える環境づくりは大変だと思うけど、是非頑張ってください、ボホールの皆様

かわいいターシャにハートを鷲づかみされ、お土産にターシャマグネットご購入~
要らないとか言わずに、貰った方達、ちゃんと冷蔵庫に貼って使うように
949_convert_20120203231652.jpg

次はランチを兼ねてジャングルクルージングへ。
正直全然お腹が空いていないけど、それが団体行動っていうものです、はい

ココナッツの飲み物が南国らしい、ビュッフェスタイル
894_convert_20120203231005.jpg

前に座ったカップルがフィンランドから来たらしく、フィンランドは今マイナス50度だって!!
約80度の気温差・・・すごいなぁ~

ご飯の後、船が動き出してクルージング開始
904_convert_20120203231044.jpg

途中で地元の方の踊りやら歌などのショーが見れる場所もあり
(必ず飛び入り参加する陽気なおばさんやおじさんがいて、決して嫌いじゃない、こうゆう人たち
912_convert_20120203231131.jpg

熱帯雨林が左右にビッシリと茂り、ジャングル気分。
こうゆう観光が彼らの生活を支えているんだろうけど、ボホール島の観光地って何かみんな穏やかなんだよね~
お土産やさんも「ハロ~、バーイ」って緩い感じだし。
商魂たくましい中華系民族に慣れていたからちょっと拍子抜け

のんびりジャングルクルーズも終わり、次はチョコレートヒルへ。
バスの中でチョコレートヒルの伝説でジャイアント(巨人)が恋をしてどーした、とかいう話を聞きながら爆睡

チョコヒルに着いたら360度面白い地形で目が一気に覚める

展望台に上るために、アラサーには腰が引けるほど長い階段を仕方なく上る
う~ん、段々雲行きが怪しくなってきましたが・・・

頂上から見た景色は面白く
932_convert_20120203231210.jpg

なるほど、乾季で草木が枯れたら茶色くなってこう見えるのか
images[6]

だけどね、雲行きが怪しいどころか絶対OUTって感じですが・・・
936_convert_20120203231243.jpg

案の定、大スコール
風がすごくて屋根があるところでも横殴りの雨でもうカメラを守るのが必死。

でも一時的なスコールなので光も少し差してて、風で雨が色んな動きをしている景色に見とれる・・・

見とれてる場合じゃないほどビッショ濡れになって後悔したのはバスの中
エアコン寒いは、他のみんなは早々に引き上げて全然濡れていないは。

いいんですよ、コレも旅の思い出・・・

ラッキーなことに苦手な蝶のファームからミニZOOに行き先変更。

お決まりのニシキヘビにオエ~ッってなり、ダチョウの大きさと禿げっぷりに慄きつつも、この辺の睡眠誘導体の出しっぷりに癒される

仲良しチビ豹。寝返りしてもくっついていたがるお2人。
942_convert_20120203231321.jpg

結構ぶら下がるの力要るはずなのに、なまけものなんて不名誉な命名でかわいそう
943_convert_20120203231403.jpg

はい、次~
フィリピンで一番古いカトリック教会へ。

学校がプロテスタントだった私的にはカトリックって・・・何か戒律厳しそう・・・
案の定教会には入る為にストールを貸し出されましたが、入る価値あり、の美しい教会

ステンドガラスからの光が美しく、現役で使用されていて荘厳な雰囲気
ガイドさんが願い事を3つ言え、というのでガッツリお祈り申し上げてきました。
947_convert_20120203231440.jpg

I can't agree more
948_convert_20120203231520.jpg

さ~、そろそろセブに帰る船の時間。
夕暮れの美しさでちょっとおセンチな気分になる
952_convert_20120203231724.jpg

ボホール島、2泊3日だったけどダイビングで素敵な方たちとの出会いがあったりで来て良かったな~
皆様も、ガポーにいらっしゃる際には是非ご連絡ください。
くれないでガポーに来たことを知ったら・・・不幸の手紙送ってやる~

ガポーにも無いミスタードーナッツがあるボホールのCity。
本物かは謎だけど・・・
955_convert_20120203231800.jpg

やっぱりフェリーの出航が遅れてシーポートでカップラーメンをすする。
こんなんだったらダイビングショップの皆さんと一緒にビールを、いやいや、最後の挨拶に行けたよなぁ~

セブ島着が9:30pm。
ボッタクリタクシーと戦って向かうも、マリゴバ・グリルはラストオーダー終了で、最終日の夜もホテル食となる

ま、美味しかったからね
初日と2日目に泊まったホテルなので、ホッと安心して眠りにつく

<6日目>

12:00pmの飛行機なので、その前にドライマンゴーのお土産とマッサージ、とショッピングセンターに向かおうとすると、タクシーの運転手がもっと安いローカルのお店に連れてってくれると。

飛行機の時間にも間に合わせる、ということで行ってみることに

ちなみに、ここセブ島はフィリピンでも比較的治安が良く、更にホテルで呼んだタクシーだから有りだけど、こうゆうパターンは一応気を付けまくっても損はないかと・・・

マッサージ1時間とドライマンゴーとその店で完了。
日本に興味あるマッサージ師で色々質問攻めにあるが途中で寝たフリ

「チップをください、100ペソ」とハッキリ請求に苦笑しながらも空港に急いで向かわなくてはっ

チェックインも間に合い、日傘を没収され、空港税に結構な値段を取られ(ペソ足りなくて友人にシンガポールドルを借りて払う)つつも無事出国。

楽しかったよ~、セブ島
ビーチにダイビングに観光にマッサージに盛りだくさん

今度は美しすぎるビーチで有名なボラカイ島メインの旅行で上陸したいな~

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://singaporetekiseikatu.blog40.fc2.com/tb.php/32-372832e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。