上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンガポールを漢字で表記すると『新嘉坡』だけど、シンガポールに行くことを『渡星』や『来星』と言います。

2011年2月13日に一年間の豪州的生活を終えて、星に渡って参りました。
空港の外に出たのは朝6時くらいなので、初めて見たガポー(シンガポールの略)の景色はこんな。
逕サ蜒・010_convert_20110221222524

一切合財の荷物を持ってTAXIで向かったのは、一週間滞在予定のAljuniedにあるHotelへ。
まぁ、こんな時間じゃCheck inもまだ出来ないので、とりあえず荷物だけ預かってもらって街へ出る。

ガポーでの一食目はこんな感じ。S$3也(S$1=65円)
逕サ蜒・012_convert_20110221222606

やたらおじちゃんが優しく、いろいろ労わってくれるが、理由は後でなんとなく分かることに

ところで、ガポーの朝は遅い
7時だと言うのにまだこの暗さ。時間を無理矢理香港のマーケットに合わせているから、という噂で。
逕サ蜒・015_convert_20110221222700

日曜の早朝だけど全然人もいるし、治安は良いという噂のガポー。
折角だから、歩いていろんな所に行ってみよう

歩いている途中で朝日到来
ガポーで初めて見る太陽の光です
逕サ蜒・021_convert_20110221222802

この日も色々歩き、色んなものと見るけど割愛。

MRTという電車も早速乗りこなすが、分かりやすいし(東京の地下鉄は本当に不親切で複雑怪奇だと改めて思う)、安い。

ちなみにSuicaみたいなデポジットカードがあり、バスにも使えるので早速購入。

お財布の中にパースとシドニーで使っていたカードも入っていたので、ココで御三家(?)勢揃い。
逕サ蜒・065_convert_20110221231021

シンガポーリアンは中華系の人が圧倒的に多いけど、チャイニーズとシンガポーリアンというのは全然違うということが駅のホームで痛感。

線に沿って並ぶってことが出来るんですよ、シンガポーリアン
逕サ蜒・013_convert_20110221223618

え?偏見?あら、すんまそん。
でも、こんな満員電車でもマナー悪い人ほとんどいないの日本よりマナー良いかも
逕サ蜒・014_convert_20110221222634

それにしても、この国は本当に面白い
行ったことのある世界の都市は40都市を超える私だけど、ガポーはとにかく刺激的で日々衝撃

国の大きさが東京23区程度の大きさで、資源も無いシンガポール。
ここまで経済発展を遂げられたのは、政府の外資誘致政策が功を成したお陰とのこと。

法人税を格段に安くし、立地の良さと相俟って多くの外資企業が支店を出しているシンガポール。

ラッフルズプレイスというビジネス街では高層ビルが立ち並び、今なお建設中のビルも。
逕サ蜒・041_convert_20110221223802

でも、私のホテルの周りは吉原的歓楽街
石鹸のかほりが周囲からフワッフワしてくる
逕サ蜒・035_convert_20110221223232

昼間でも立ちんぼ、やってます。
逕サ蜒・038_convert_20110221223326

そうか、ホテルの近くで早朝にご飯と食べたときにやたらおじさんが親切で仕事のことを色々聞いてきたのは、私、ソッチ方面の仕事の人だと思われていた

ふぅぅぅむ、複雑

そして夕方になると老若の男性が道路に座ってまったりタバコ吸ったり、女性品定めしたり。その姿はまさに東南アジア。
と言っても怖い雰囲気ではなく、「はぁ~、やっと涼しくなったねぇ。何しようっか?」的な雰囲気の方たちなのです

そんな絶妙な立地だけど、別に怖いことは無いし、一泊3000円程度なのは魅力なホテル

部屋もソコソコ快適
逕サ蜒・018_convert_20110221222725

ほんでもって、ガポーのおもろいポイントは、真の『多国籍国家』であること。

オーストラリアも多国籍国家を謳っていたけど、実際は根強く残る白豪主義を払拭し切れません
もちろん優しくてフレンドリーなオージーもたくさんいるけどね

でもガポーは本当に色んな人種がいるし、公共の場の表記は英語・北京語・ヒンズー語、たまに日本語、飛び交う言葉は韓国語も加わります。

この国にいると、どこの国の人なのかどうでもよくなるけど、でも買い物しててもご飯食べてても必ず聞かれるのが「どこの国から来たの?」

さすがにReligionは聞いてこないけど、多国籍国家だからこそ、自分はどこから来たのか、というルーツを意識しているのかなぁ
単一民族の日本人の私は、海外に出ると民族や宗教について色々考えさせられます


そんなこんなで多国籍国家。食べ物も当然多国籍
ちなみにお値段S$2~$4くらい。平均$3位で200円以下

ワンタンメン(ガポーは汁無しがポピュラーらしい)
逕サ蜒・032_convert_20110221223149

ラクサ
逕サ蜒・030_convert_20110221223125


ナンより薄めの生地のムルタバでカレー
逕サ蜒・020_convert_20110221223643

スウィーツにマンゴー・アイスカチャン
逕サ蜒・026_convert_20110221222953

胃が疲れたらお粥
逕サ蜒・029_convert_20110221223056

マレー風あんかけのミロブス
逕サ蜒・039_convert_20110221223354

豆腐のスウィーツ、豆花
逕サ蜒・028_convert_20110221223023

ベトナム料理の定食
逕サ蜒・024_convert_20110221222902

タイ風鶏そば
逕サ蜒・045_convert_20110221223829

もう一回、今度はピータン粥
逕サ蜒・037_convert_20110221223732

リトルインディアのブリヤ二チキン
逕サ蜒・090_convert_20110221224036

チキンライスと、就職先内定のお祝いにビール
逕サ蜒・070_convert_20110221223923


食べてばっかいた訳ではないですよ
2月14日(月)から面接のアポイントがあった会社10社程度回り、希望してた職種で無事内定を貰うことが出来ました

折角の機会だから、と色んな企業で面接をしたけど本命は2社。

1社は外資系の会社でもう1社は日系企業。
職種内容や人間関係、プロセスの過程や将来のビジョンなど色々考えて、今回日系の会社で就職することにしました。

行きたかった外資系企業は、仕事の幅が決まってしまっているのと、プロセスの過程に時間が掛かり過ぎで、家の契約も結べないのですよ、ガポーだと仕事が決まらないと…。
ガポーでキャリアアップをした後、いつかまたご縁があれば

決めた仕事はメーカーのアジア部門の企画・経理部で、シンガポールの仕事は基より(輸入作業含む)、ASEAN8ヶ国の財務・法務・インフラ整備等すべてを管轄する部署、面白そう~

ポジションも今までよりもっと仕事の範囲が広げられる上のポジションで、ココで一通り学んだら自分で会社起こせるのではと、アテの無い野望を抱く

2月17日(木)には契約を交わした会社。日系なので、福利厚生はかなり充実
逕サ蜒・071_convert_20110222002510

今はEPというビジネスビザを申請中で、近々健康診断というか、血液検査でHIVや肺炎などのメディカルチェックを受けて、問題なければ(無いです多分、きっと…)3月初旬からお仕事開始になります。

家も会社に通いやすい場所で見つけて無事引越し、旧正月明けのセールで我を失ったりしておりますが、それはまた次回にでも…。

蒸し暑い中、スーツとパンプスで頑張った自分へのご褒美でマッサージ。45分S$20也
逕サ蜒・058_convert_20110221223536

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://singaporetekiseikatu.blog40.fc2.com/tb.php/1-5e1f28c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。