上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気が付いたらもう2012年も三分の一以上が過ぎてしまった…
年末年始に日本に帰ったのがつい最近のように感じるのに。

前回は日本が寒すぎて心がポッキリ折れまして
年中南国に国に住んでいるからこそ、日本の一番美しい季節に帰りたい!と思ってGWにまたもや一時帰国します。

今回は少し家でゆっくりする時間や自然を堪能する時間が欲しいと思っております。
食い倒れはねぇ、そんなしない、つもり、一応・・・ま、暴走するだろうがね~(笑)

そうそう、私、転職することに致しました
シンガポール国内での転職で、総合商社の食料部でお話を頂きましてオージービーフを担当致します。

ええ、そうです、日本でも商社でオージービーフを担当しており、肉の山子、なんて凡そ嫁入り前の女子にとって微妙過ぎるネーミングが与えられておりましたが。

正直なとこ会計でのキャリアアップを考えていたのでお話を頂いた時には悩みましたが。
現在シンガポールにいるからこそ出来る東南アジア主流のビジネスで、財務管理のポジションも作ってくださり会計に携われること、何より日本で働いていたときの同僚やお客様とまた一緒にお仕事が出来ること。

折角頂いたお話ですし頑張らせていただこうと。
ここに肉の山子、復活致します
始業は5月9日から。GWに日本から戻ってからの始業予定です~

ま、そんな食に携わるお仕事が舞い込んでくるのも私に課せられた運命。
ならば甘んじて、食べて食べて飲み倒す運命を享受致します

そんなこんなでガポー的食生活のお家編。
シンガポールでもオーストラリア同様ホームパーティーやお食事にお呼ばれ(押し掛け)頂くことも割と有り。

ただね~、ホストが圧倒的に男子なんですよねぇ
あまりの料理の腕前とおもてなし力に手も足も出ず
せいぜい洗い物をさせていただくのが精一杯という…ちーん。

まぁね、料理の腕前に関しては完敗ですが、私は美味しいものをジタバタ感動しながら、そしてペロリと平らげる能力が人よりも高いかと

ので、どうぞ料理自慢の腕をお持ちの男子の皆様、思う存分ご相伴預からせてくださいませ(笑)


たこパの巻

海外に出てビックリしたことは、関西の方って本当に粉ものが好きで、たこ焼き器が必ず家にあって、更に海外にも持ってくる必需品だということ~

近所の友人宅でたこ焼きパーティーのお誘いを頂いて行ってきました

独身駐在の男子の家の冷蔵庫ってホントがら~ん
030_convert_20120325235240.jpg

電機たこ焼き器もあるけど、やはりガスの方が周りがカリッ、中がトロッとなるらしい。
ちなみにこのたこ焼き器は彼が結婚して家庭を持ったときも生涯共にするらしい
034_convert_20120325235500.jpg

シンガポールで食べた中で一番美味しいたこ焼きでございました。
032_convert_20120325235348.jpg


男子の女子力

いやぁ、最近男子はすごいですよね、本当に。
働き盛りで仕事もバリバリ、休みの日は趣味のスポーツ飲み会に。
家のインテリアも「これ、触ってもいいですか?」というモデルルームばり。

たこパの彼みたいに冷蔵庫がら~ん、か、ちょっとしたつまみがサッと出てきて苦しゅうない、か二極のシンガポール男子駐在員。

こちらの彼は完全後者。
風邪をひいたら果物とジューサーを買って体の中からデトックス。

そんな私には持っていないものをたくさん持っている彼に、「どれか一つ女子力くれよ~」と絡みたい(笑)

既に飲んでから手ぶらで押し掛けた私たちにホイッと出してくれたシャレツマミ。
066_convert_20120326000319.jpg

キッチンに立つ姿も艶かしい(笑)
065_convert_20120326000246.jpg

まずは見たことも無い調味料の使い方から伝授くださいませ


こだわりのおもてなし・洋食バージョン

健啖家+料理上手+おもてなし上手=私の胃袋ガッツリ鷲掴み

完全にパブロフの犬状態で伺うこちらの方のお家は、その辺のレストランが尻尾を巻いて逃げ出すくらいのお食事が頂けるのです

冷えたおシャンで胃袋もバッチコイ状態
185_convert_20120326002742.jpg

何日も煮込んでくれたという、信じられないほど柔らかくて美味しいお肉
もうね、ソースが果物やら色んな味がして腰がヘナヘナするほど美味しい(笑)
011_convert_20120325235056.jpg

「お肉がしっかりした味だから」とシンプルなアーリオ・オーリオのパスタ。
お肉のソースを少し絡めたりして、一度で二度美味しい
010_convert_20120325235020.jpg

美味しさに酔いしれてたらキッチンからシャカシャカと力強い音が
012_convert_20120325235136.jpg

え~、何してくれるん~
マンゴーとシフォンケーキwith生クリーム
016_convert_20120325235204.jpg

ええ、この一連の美しいお食事の流れの中で、私、指一本出せなかったのは言うまでも無く…
美味しさとおもてなしの心遣いにお腹も胸もパンッパンで乗った帰りのタクシー、私が女として生まれた意味はと考えずにはおれませんでした、ちーん。


こだわりのおもてなし・テーマは屋台バージョン

ま、そうは言っても胃袋鷲掴み。
またもやお誘いを頂きまして、ハフハフ尻尾を振りながらお邪魔させて頂きました

この日のテーマは屋台ご飯、とお伺いしてましたが・・・
屋台では絶対食べれないっつーの~

お箸で切ったらジュワッとお出汁が出てくる出汁巻き卵
183_convert_20120326002708.jpg

関西の方が作るおでんって上品で、でも奥深い味で、おでん様って呼ばなきゃいけない気がする…
186_convert_20120326002827.jpg

関西特有の牛すじに大根、この辺は完全に無言でジタバタ
187_convert_20120326002910.jpg

水を一切使わず、粉と山芋とお出汁で作ったというお好み焼き
188_convert_20120326003002.jpg

焼きそばは極秘調味料でソースとカツオの香りのコラボ、からの~
189_convert_20120326003046.jpg

目玉焼きの黄身がトロロ~ン
190_convert_20120326003126.jpg

ワインとおしゃべりのお供に
191_convert_20120326003204.jpg

その後一週間くらい「おいしかったな~」と反芻してました、そりゃもう


それにしても本当に皆様、すんばらしいです
普段はビジネスの第一線でバリバリ働かれてる男子がこんな料理上手でおもてなし上手で・・・

今の私、こんな感じじゃない
(Singapore Zooでオラウータンと朝ごはん食べた際に他人とは思えず・・・)
089_convert_20120326001015.jpg

一刻も早く人間になれるよう精進して参りたいと思います、はい

早速古本屋で買ったこれでも読んで勉強しようっと
imagesCAJAB8OJ.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。