上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本も連日猛暑のようですね~
シンガポールも暑いけど、建物や車内は凍えるほど寒い冷房大国

節電などで今年は例に無い暑さだと思いますが、体調などに気を付けて日本の夏を楽しんでください。

さて、昨日用事があってLittle Indiaの方に行ってまいりました。
駅と降りた途端にカレー臭

テンション上がるわぁ

とりあえず腹ごなし、で美味しいと評判のVegitarian Indian Foodへ。
『SARAVANAA BHAVAN』
84 Syed Alwi Road Singapore 207663
+65 62977755

逕サ蜒・044_convert_20110717133420

インド人がほとんどのローカル店。
気を遣ってフォークとスプーンを出してくれたけど、他のお客さんは器用に右手のみでお食事(左手は不浄の手)。

手が汚れたら・・・?
と思ったら、トイレとは別に手を洗う場所が設けてあるらしい。
インド料理屋はどこもそうみたい。
逕サ蜒・045_convert_20110717133440

ムスタファセンターでBollywood DanceのDVDやパシュミナストールを買ったり
逕サ蜒・056_convert_20110717133634

プラプラ歩きながらインドの女性のオシャレ観察したり、雑貨見たり
逕サ蜒・048_convert_20110717133500

サリーが山盛り売っているので、いつかBollywood踊るときに着たいな~、と野望を抱いたり
逕サ蜒・050_convert_20110717133524

歩き疲れたのでチャイを買いにインド料理しかないホーカーに寄ったり
逕サ蜒・052_convert_20110717133547

楽しい~

シンガポールは狭いけどいろんな国の文化が楽しめるので、今のところ飽きてない


そんな現地採用ガポーオオエルの日常は・・・

会社帰りにS$8(約500円)で映画が観れるので友達と行ったり
逕サ蜒・002_convert_20110717132844

お決まりのポップコーンはデカッ
逕サ蜒・003_convert_20110717132909

女子会で友人宅に集まり、色んな話に花を咲かせたり
逕サ蜒・012_convert_20110717133007

昼だろうが
逕サ蜒・019_convert_20110717133115

夜だろうが、飲む
逕サ蜒・010_convert_20110717132946

会計事務所によるシンガポールの税制と会計制度のセミナーに行った帰り、都会に慄きつつもお目当てのランチ

『MIZみず』
7 Craig Road Singapore 089667
+65 6225 5761
逕サ蜒・040_convert_20110717133246

S$12でチラシ寿司~
逕サ蜒・041_convert_20110717133308

都会のオオエルは楽しかったな~、と丸の内オオエル時代を思い出したりして

WeekendはBeerが3時間Free FlowでS$40というドイツビールとなぜかタイ料理のお店へGO
『TWANDANG MICROBREWERY』
1Raffles Boulevard,Suntec City Singapore 039593
+65 6243 2291

逕サ蜒・016_convert_20110717133047

飲兵衛の私たちにピッタリなFree Flowプラン
こちらWeekendだけSuntec店のみのプランだけど、いや~、飲んだ
2人で15杯以上は飲んだな、テヘッ

更に8/9のNational Dayの花火の予行演習があって、偶然にもすごい良いポジションで花火鑑賞。
逕サ蜒・029_convert_20110717133134

建国してまだ46年なのね・・・それなのにこの勢いで成長中なのはすごい
逕サ蜒・054_convert_20110717133614


そんなお気楽な現地採用オオエル生活。
実際はお給料は・・・こちらで生活していくのは問題無いけど、レストランでの外食とお酒が結構高いので節約も必要。

いつも飲んでいるようですが、まっすぐ帰って自炊する日も割と多い。
マーケットで山芋を見つけたのでトロロと鮭の焼き物、豆腐と卵とインゲンのすまし汁
逕サ蜒・014_convert_20110717133026

最近はホーカーにも飽きたし、外歩くの暑いのでお弁当持参の時もある。
お米すら炊いたことの無い実家生活からだいぶ成長した海外生活

家も場合によっては車も会社から支給、海外保険に転勤手当まである駐在で来ている方とは完全に格差社会(笑)

が、現地採用は好きでここに来ていて、アジアのHUBで景気も絶好調のシンガポールでならある程度仕事も選べるし必要なスキルを身に付けることができる

来たくも無いのに来させられて言葉や文化に本当に悩んでいる駐在員。
突然の辞令で彼女と遠距離恋愛になってしまった駐在員。
逆にシンガポールにもっといたいのに辞令で日本に帰らなくてはいけない駐在員。

現地採用より好待遇な分責任やプレッシャーもあるし、サラリーマンは辛いぜよ

ただ、私が好かないごく一部の駐在員の考え方。
アナタがすごいんじゃないくて会社がすごいのを、自分がすごいかのように勘違いする人。

まぁ、日本にもいたけど、コチラは会社によって住む場所も待遇も違うからもっと露骨

自分のコンドミニアムは他の人ほど立派じゃないから恥ずかしくて誰も呼ばないとか(どちらも自分で家賃払っていないし)。
やりたい仕事があって入った会社の待遇が良くない友人に、そんな会社でかわいそうと転職を勧めたり。
コンドミニアムじゃなくてHDBに住んでいる人を「大変だね・・・」と労ったり(別に何も大変じゃないですが)

そうゆう上下ランクをつける人に限って現地採用女子に対してもキッチリ割り勘なんだよね
だったらいい生活している自慢なんかしない方がよろしいんじゃなくって?

はぁ、言ってやったゼ

が、大抵は会社の為に一生懸命働き、現地採用女子に優しい駐在員がほとんどです。
お互い異国の地で働くということは色々有るけど、助け合って楽しくシンガポール生活を過ごしましょうね
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。