上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気が付いたらもう2012年も三分の一以上が過ぎてしまった…
年末年始に日本に帰ったのがつい最近のように感じるのに。

前回は日本が寒すぎて心がポッキリ折れまして
年中南国に国に住んでいるからこそ、日本の一番美しい季節に帰りたい!と思ってGWにまたもや一時帰国します。

今回は少し家でゆっくりする時間や自然を堪能する時間が欲しいと思っております。
食い倒れはねぇ、そんなしない、つもり、一応・・・ま、暴走するだろうがね~(笑)

そうそう、私、転職することに致しました
シンガポール国内での転職で、総合商社の食料部でお話を頂きましてオージービーフを担当致します。

ええ、そうです、日本でも商社でオージービーフを担当しており、肉の山子、なんて凡そ嫁入り前の女子にとって微妙過ぎるネーミングが与えられておりましたが。

正直なとこ会計でのキャリアアップを考えていたのでお話を頂いた時には悩みましたが。
現在シンガポールにいるからこそ出来る東南アジア主流のビジネスで、財務管理のポジションも作ってくださり会計に携われること、何より日本で働いていたときの同僚やお客様とまた一緒にお仕事が出来ること。

折角頂いたお話ですし頑張らせていただこうと。
ここに肉の山子、復活致します
始業は5月9日から。GWに日本から戻ってからの始業予定です~

ま、そんな食に携わるお仕事が舞い込んでくるのも私に課せられた運命。
ならば甘んじて、食べて食べて飲み倒す運命を享受致します

そんなこんなでガポー的食生活のお家編。
シンガポールでもオーストラリア同様ホームパーティーやお食事にお呼ばれ(押し掛け)頂くことも割と有り。

ただね~、ホストが圧倒的に男子なんですよねぇ
あまりの料理の腕前とおもてなし力に手も足も出ず
せいぜい洗い物をさせていただくのが精一杯という…ちーん。

まぁね、料理の腕前に関しては完敗ですが、私は美味しいものをジタバタ感動しながら、そしてペロリと平らげる能力が人よりも高いかと

ので、どうぞ料理自慢の腕をお持ちの男子の皆様、思う存分ご相伴預からせてくださいませ(笑)


たこパの巻

海外に出てビックリしたことは、関西の方って本当に粉ものが好きで、たこ焼き器が必ず家にあって、更に海外にも持ってくる必需品だということ~

近所の友人宅でたこ焼きパーティーのお誘いを頂いて行ってきました

独身駐在の男子の家の冷蔵庫ってホントがら~ん
030_convert_20120325235240.jpg

電機たこ焼き器もあるけど、やはりガスの方が周りがカリッ、中がトロッとなるらしい。
ちなみにこのたこ焼き器は彼が結婚して家庭を持ったときも生涯共にするらしい
034_convert_20120325235500.jpg

シンガポールで食べた中で一番美味しいたこ焼きでございました。
032_convert_20120325235348.jpg


男子の女子力

いやぁ、最近男子はすごいですよね、本当に。
働き盛りで仕事もバリバリ、休みの日は趣味のスポーツ飲み会に。
家のインテリアも「これ、触ってもいいですか?」というモデルルームばり。

たこパの彼みたいに冷蔵庫がら~ん、か、ちょっとしたつまみがサッと出てきて苦しゅうない、か二極のシンガポール男子駐在員。

こちらの彼は完全後者。
風邪をひいたら果物とジューサーを買って体の中からデトックス。

そんな私には持っていないものをたくさん持っている彼に、「どれか一つ女子力くれよ~」と絡みたい(笑)

既に飲んでから手ぶらで押し掛けた私たちにホイッと出してくれたシャレツマミ。
066_convert_20120326000319.jpg

キッチンに立つ姿も艶かしい(笑)
065_convert_20120326000246.jpg

まずは見たことも無い調味料の使い方から伝授くださいませ


こだわりのおもてなし・洋食バージョン

健啖家+料理上手+おもてなし上手=私の胃袋ガッツリ鷲掴み

完全にパブロフの犬状態で伺うこちらの方のお家は、その辺のレストランが尻尾を巻いて逃げ出すくらいのお食事が頂けるのです

冷えたおシャンで胃袋もバッチコイ状態
185_convert_20120326002742.jpg

何日も煮込んでくれたという、信じられないほど柔らかくて美味しいお肉
もうね、ソースが果物やら色んな味がして腰がヘナヘナするほど美味しい(笑)
011_convert_20120325235056.jpg

「お肉がしっかりした味だから」とシンプルなアーリオ・オーリオのパスタ。
お肉のソースを少し絡めたりして、一度で二度美味しい
010_convert_20120325235020.jpg

美味しさに酔いしれてたらキッチンからシャカシャカと力強い音が
012_convert_20120325235136.jpg

え~、何してくれるん~
マンゴーとシフォンケーキwith生クリーム
016_convert_20120325235204.jpg

ええ、この一連の美しいお食事の流れの中で、私、指一本出せなかったのは言うまでも無く…
美味しさとおもてなしの心遣いにお腹も胸もパンッパンで乗った帰りのタクシー、私が女として生まれた意味はと考えずにはおれませんでした、ちーん。


こだわりのおもてなし・テーマは屋台バージョン

ま、そうは言っても胃袋鷲掴み。
またもやお誘いを頂きまして、ハフハフ尻尾を振りながらお邪魔させて頂きました

この日のテーマは屋台ご飯、とお伺いしてましたが・・・
屋台では絶対食べれないっつーの~

お箸で切ったらジュワッとお出汁が出てくる出汁巻き卵
183_convert_20120326002708.jpg

関西の方が作るおでんって上品で、でも奥深い味で、おでん様って呼ばなきゃいけない気がする…
186_convert_20120326002827.jpg

関西特有の牛すじに大根、この辺は完全に無言でジタバタ
187_convert_20120326002910.jpg

水を一切使わず、粉と山芋とお出汁で作ったというお好み焼き
188_convert_20120326003002.jpg

焼きそばは極秘調味料でソースとカツオの香りのコラボ、からの~
189_convert_20120326003046.jpg

目玉焼きの黄身がトロロ~ン
190_convert_20120326003126.jpg

ワインとおしゃべりのお供に
191_convert_20120326003204.jpg

その後一週間くらい「おいしかったな~」と反芻してました、そりゃもう


それにしても本当に皆様、すんばらしいです
普段はビジネスの第一線でバリバリ働かれてる男子がこんな料理上手でおもてなし上手で・・・

今の私、こんな感じじゃない
(Singapore Zooでオラウータンと朝ごはん食べた際に他人とは思えず・・・)
089_convert_20120326001015.jpg

一刻も早く人間になれるよう精進して参りたいと思います、はい

早速古本屋で買ったこれでも読んで勉強しようっと
imagesCAJAB8OJ.jpg
スポンサーサイト
また更新がずいぶん空いてしまった・・・
CNY明けから何だかバッタバタしてまして

2012年がいよいよ本格的に明けた気がして(遅いって)ワクワクしております

ま、ね、やってることは2011年とお変わりなく
知り合いが言っていたんだけど、「シンガポールって食べるか、飲むか、暑い暑いって言うしかないじゃない?」

ん、一理ある様な。

っていう訳で今回も食べ物(笑)
いや、だって食べ物ネタが溜まっちゃって・・・

いつも外食で食い倒れているようですが、ランチは自炊でお弁当持参がほとんどなのですよ

ま、面倒なときはサラダにパスタを茹でてオリーブオイルと絡めて持って行き、会社でチンした後に日本から買ってきたパスタソースを絡めて・・・

が、いくら好きだからってオフィスでイカスミパスタはやり過ぎた・・・
074_convert_20120326000527.jpg

隣の席で同僚がこんな顔になってたらビビルよね・・・
img20050713_1_convert_20120326012310.jpg

玄米や雑穀米を土鍋で炊いたり、マーケットで鮭を買ったりでランチは割とヘルシー。

その分Dinnerは暴走じゃ~

外食編
こちらは勝手な偏見で10段階評価させて頂きます。

<LEI GARDEN RESTAURANT(CHIJMES)>

日本からRoyal Customerがいらっしゃるということで夜の接待にご相伴預かり。

建物は元修道院を改装してあるのでなかなか素敵な雰囲気(CHIJMES店はね
081_convert_20120326000644.jpg

席は個室で円卓、だけど冷蔵庫かいっと思うほどの極寒
083_convert_20120326000725.jpg

名物の北京ダックに
085_convert_20120326000803.jpg

086_convert_20120326000835.jpg

冬瓜のスープ
087_convert_20120326000909.jpg

その他諸々出たけど、正直…別にだな~
不味くは無いけどお値段に対してはどうなんだろう?
日本人接待しかお客さんいなかったし。自腹では絶対行きません~

ってことで
評価4

<Gattoparado>

こちらはHotel Fort Canningに在るイタリアンで、半年に一度のRestaurant Weekでお得なDinnerということで、いつもの4人で行って来ました~

しかしまぁ、不便な場所。
予約が20:30からと遅めだったので最寄駅から歩いたらなんだかんだ30分くらいかかって見えた景色が・・・
135_convert_20120326001752.jpg

えっとぉ、「きゃ~お城みたい」の前に「この疲れた体に鞭打って上るのかい」と思ったのは自然な感情だと思う・・・
シンデレラの脚力ってすごかったんだのぅ・・・と感心しながらヒィヒィ上る。

やっとお城に着いたけど、王子様と踊るなんて無理無理、座らせて~
139_convert_20120326001822.jpg

滝のように流れる汗を沈めるべくProseccoでシュワシュワして、当然コッソリ靴は脱いでる(だってヒールが痛くて無理だったんだもん

そんなズッコケディナーですが、評判通り美味しかった~

カルパッチョ
141_convert_20120326001905.jpg

ナスのトマトパスタ
ギュッって出てくるけど~
142_convert_20120326001941.jpg

ほぐすとトマトソースとチーズとバジルの香りがふわりっ
143_convert_20120326002017.jpg

しかし混んでいて出てくるのがゆっくり過ぎてね~
22:30にラム肉ですよ~
144_convert_20120326002051.jpg

さすがにアラサーの胃にはヘビー級で、更に美味しいのだろうけど私の好みの肉質では無く半分で断念

スウィーツは甘過ぎずだったのでペロッといきましたけどね~
145_convert_20120326002128.jpg

出てくるのが遅いながらもサービスは良く(ごめんねクッキーとかも出てきたし)、帰りのタクシーまで見送ってくれた支配人曰くSunday Branchがおススメ、とのことなので次回はそちらに挑戦
次回はケチらずタクシーで向かいますがなっ

Sunday Branchに期待もこめて
評価7.5

<AMARONE>
地元・Tanjong Pagar駅の近くに出来たイタリアン、お隣Raffles Placeで予約の取れない人気店「No Menu」の系列店で早くも評判。

行ってまいりましたよ、夜半のラム肉の翌日に…

まずは評判のBurrataチーズ
148_convert_20120326002230.jpg

暗いけど、崩してないから分かりづらいけど・・・
トッロトロの悶絶級の美味しさ
フルーツトマトも甘くてくぅーッ

ジタバタしながらこの日もProseccoで流し込むっ
危うく遅れてきた友達の分まで証拠隠滅で食べちゃうとこだったよ(なーんて

ポルチーニのラビオリもパルメザンチーズとのコラボが最高で
149_convert_20120326002301.jpg

赤ワインに移行してチーン
150_convert_20120326002334.jpg

お安くは無いけど、コレだけのレベルのものにしてはコスパ良すぎ
次回はピッツァやメインなども試してみたいっ
評価8.5

<Capricchi>

こちらも地元イタリアンで、Restaurant Week最終日にアラサー女子3人でSunday Branch

ブロッコリーがパルメザンチーズとホニャホニャしてあるもの
192_convert_20120326003238.jpg

カプシカムとトマトクリームソースのリングイネ
193_convert_20120326003322.jpg

デザートのクリームカラメル
194_convert_20120326003355.jpg

ん~・・・普通かなぁ
前来た時にも思ったけど、ちょっと味が強すぎて私にはしょっぱく感じちゃう。
コスパも別に…だけど、アラサー女子3人の会話が楽しすぎて
評価は4.5

<チンホア>

こちらも地元で美味しいと評判の餃子屋さん。
改装の為にずっとお店を閉じてて、再開したというので日曜の昼にマーケットの帰りにすっぴんでフラッと寄ってみたら・・・

この行列
068_convert_20120326000355.jpg

でもね、お口が餃子になっていたのでどしても食べたくて並びましたよ、すっぴんで
日本人家族とか観光客ばっかりだし、さすがに恥ずかしくて「ワタシ、ニホンジン、チガウアルヨ~」オーラを精一杯放ち、店内でもサングラスを外さない謎のお一人様女性になっていましたが・・・

2回目はお友達4人で上陸~

噂の餃子
155_convert_20120326002448.jpg

No.2人気のショウロンポウ
158_convert_20120326002630.jpg

裏人気の中華風お好み焼き・・・?
156_convert_20120326002523.jpg

生・・・?シャキシャキ?の狭間でモヤシ臭全開の肉味噌炒め
157_convert_20120326002556.jpg

ちょっとオイリーだけどまぁ美味しいし、お値段も安いし、ビールも進む、けどフラッと入れてコレだったらいいのに~
並んで、それも全員揃うまで入れてもらえなくてっていうことを考えると・・・
評価5.5

<ラクサ鍋・LAKSA STEAMBOAT>

私はアジアに来るべくして来た、というかアジアっぽい食事も大好きでして。

パクチーもドリアンもヌクマムもドンと来~い
その上、ココナッツミルクもだいじょーV(ココナッツの香水とかは苦手なのだけど・・・)

火鍋はポピュラーなシンガポールだけどラクサ鍋って初めて聞いて。
カレーココナッツ味の大好きなラクサ、の、鍋~

行くっと決めたけど意外とラクサ嫌いが多くて(臭いって言うの)、
お付き合い頂ける4人と計5人いざ、でラクサ鍋へ

Harbour FrontからちょっとWest方面へ。
バスかタクシーが便利です(この日は友人の車で連れてってもらった)。
131_convert_20120326001646.jpg

半分ラクサスープで半分はチキンスープ
132_convert_20120326001720.jpg

チーズ味の厚揚げや海老、白菜に豆腐にきくらげにキノコに・・・
何でもラクサって合うのね~
もちろん〆は麺でラクサヌードルっ

ここで思ったこと。
確かにラクサは美味しいけど、ずっとラクサの濃厚で刺激的な味だと飽きる・・・

そこでチキンスープ
ホッと癒される味でコレもまた進む~

が、その内またラクサの刺激が欲しくなる・・・

男性の浮気心ってこんな感じ
(ラクサ=愛人・チキンスープ=本妻)

なぜかラクサ鍋を食べながら「男ってやつぁ~」と攻められる男性陣(笑)
美味しいし、お安いし、学んだし(?)
評価8

<French Stall>

同僚のJさんがLittle Indiaに在るなぜかFrenchのお店がとても安くて美味しいという情報を仕入れてきてくれて。

行こうと決めていた日の前日まで風邪で5連休をしていた私だけど、病み上がりに俄然French食べる気満々の私に慄きつつも想定内のJさん

相変わらずのJさんの方向音痴に翻弄されながらも無事着きました。

オープンエアの席もあってなかなかかわゆい店内
116_convert_20120326001612.jpg

メニューはアラカルトの他に$28と$38のコースが選べて。
外国食が高いこの国では衝撃の安さっ

$28と$38を頼んで分け分けすることにしました~

114_convert_20120326001458.jpg

115_convert_20120326001536.jpg

お値段なりにちょっと差がありつつも、前菜にメインにデザートでこの価格は素晴らしい~

リエットをつまみにバゲットも追加してワイン飲みながら(病み上がりなのでチビチビだったけど
何となく後ろの2人組が気になってしまって・・・

日本人の男性と女性の2人組なんだけど、女性がものすごい勢いでしゃべっている
いや、私達だってキャッキャ、ず~っとしゃべっていたけど、それでも気が付いてしまうくらいの勢い。

私は背を向けてるけどJさんは正面。
観察しながら勝手に妄想。

*仕事絡みでの知り合いっぽい
*女性は結構男性のことが気に入っている
*が、バリキャリの女性にありがちな隙の無いしゃべり
*背を向けている私ですら伝わる男性の関心の低さ

うう~む…

そして斜め後ろに座るヨーロピアンのカップルのスウィートさ具合。
会話は聞こえてこない、ってか囁き系(笑)
正面に座るのではなく横に座るというのもいい距離取りましたね~

平日のFrenchに女同士で来ている私たちが言うのもなんだけど・・・
デートでしゃべりすぎる女性はいかん、というのを改めて学びましたな、と
今後、是非参考にさせていただきます(笑)
評価7

食べることによって学びも有る今日この頃。
懲りずに、次回は『ガポー的食事情<お家編>』へと続きます~
新年明けております
本年も食いしん坊な山子を何卒よろしくお願いいたします

色んな方から胃腸の心配をされた食い倒れ一時帰国、恐ろしいことに2012年は更にパワーアップして食べまくるのでした

もうね、完全に胃が大きくなっているのよね。
もはや胃もたれすらしなくなり、短期間での成長っぷりに自分でも慄く
ええ、体もですけどね。

寒いので靴下を履こうとすると今まで無かった腹部の違和感。
ああ、妊婦さんって大変なのね、とひょんなことで擬似体験
ま、私の場合自腹ですが・・・

そんなこんなで

10日目

9日目の大晦日は夜しゃぶしゃぶで年越しそばのみ、と比較的控え目(これまでに比べたら)。
10日目の元旦も家でのんびりしながら少し胃を休める。

と言っても、お昼には日本酒とお正月っぽいもので晩酌。
268_convert_20120109211347.jpg

夜は母が清水ジャンプで買ってくれたええ肉でお家ですき焼き
273_convert_20120109211430.jpg

11日目

この日はお墓参りに。
2年間の海外生活で大きな病気や事故もしないで元気で過ごせたことを、亡き父とご先祖様にお礼を言いに行かなくちゃ

それにしても日本の冬の寒さ、っぱ無いね
日本の冬を体感したくてと、あえてこの時期に帰ってきた私、バカッ
暴飲暴食の上に、しばらく経験していない寒さで体がビシバシ脂肪を蓄えていく・・・

この日はお店もまだあんまりやっていないので、遅いお昼は地味にビジネス戦略なども気になっていた日高屋へ。

野菜たっぷりのタン麺、一日分の野菜がこれ一杯で取れるらしいっす
276_convert_20120109211807.jpg

餃子Loverとしては外せない。
275_convert_20120109211612.jpg

母もお疲れだったので、夜はデパ地下で買ったお寿司を食べる

12日目

そろそろ本格始動~

パースで仲良かった3人が日本に帰国していて、パースっ子飲みin新宿を開催

まずは居酒屋料理を堪能。
279_convert_20120109211842.jpg

281_convert_20120109212005.jpg

282_convert_20120109212038.jpg

280_convert_20120109211923.jpg

で、手羽先が食べたくて寒い中『世界の山ちゃん』まで大移動。
284_convert_20120109212116.jpg

串カツと
285_convert_20120109212153.jpg

味噌煮込みは八丁味噌攻めな感じで
286_convert_20120109212234.jpg

名古屋風味の手羽先大好きだけど、風来坊が私ランキング不動の1位
287_convert_20120109212313.jpg

海外と違って日本語で話すと周りは当然分かってしまう。
会話の内容が段々ドイキワになってきたので何故か英語で話す4人衆

ってか、ルー大柴?ジャニー北川?
分かる人には分かっちゃうけどね。

日本に来て気を付けなきゃいけないのは周りがみんな日本語分かること。
どんな会話してるんだって?いや、知らないほうがいいと思う

で、親が不在というMちゃん家に飲み直しに行く。

半天すらこんなにエロく着こなすCちゃん、さすがですよっ
292_convert_20120109212406.jpg

翌日お着物デートなので半襟をせっせとつけるMちゃん。
293_convert_20120109212444.jpg

このマイペースで緩い雰囲気は全員パースっ子ならではだよね~
で、酔っ払ってソファーで爆睡、Mちゃん、お世話になりました。
翌日のお着物姿、凄まじくイカしてたじぇ~

13日目

そのまま帰らず女子大友達の食いしん坊&酒豪シスターズで新年会。
チビちゃんやベビちゃんもいるので、飯田橋在住の友人宅で蟻月のモツ鍋をお取り寄せしてお昼間からパーティー

結婚してもママになっても相変わらず美しくて男前な仲間達。
295_convert_20120109212524.jpg

な~んと中の1人が今年中にマレーシア移住するのです
とりあえず下見を兼ねて2月にマレーシアに来るそうな。

私も週末遊びに行くよ~
みんなで一緒に島も行こう~
今回来れないKちゃん、ベビちゃんが大きくなったらまたみんなで旅行しようね

モツ鍋の前にみんなで持ち寄ったり、作ってくれたりで美味しい食べ物がもりだくさんっ
だったのに、話に夢中になり写真を忘れる、ちーん

蟻月から赤と白の2種お取り寄せ。

人気の白
297_convert_20120109212716.jpg

赤はちょっと味が濃いような(好みだろうけど)
298_convert_20120109212920.jpg

ちゃんぽんまでバッチリ
301_convert_20120109213402.jpg

体から染み出てくるニンニク臭さも、みんなで食べれば怖くないっ
お取り寄せでも十分に美味しくて、予約が大変だったり時間制限とか気にするよりはお取り寄せも良いかも~

14日目

この日から母と一泊二日で伊豆へ温泉旅行

東京駅地下で踊り子号で食す鯖寿司をGET。
ご飯の間に生姜とシソと白ゴマが入っていて、ものごっつ美味しい
303_convert_20120109213437.jpg

お昼のうなぎに備えて鯖寿司は母とシェア。

伊東で途中下車して向かったのは、美味しいと口コミで評判の『まとい亭』
11時半開店で、13時にお店で席が空くのを待っていたら
308_convert_20120109213600.jpg

ひぃぃぃ
あっぶなかったぁ~

ビールのお供にうなぎの骨
311_convert_20120109213638.jpg

うなぎはホロッと柔らかくて、お味も濃すぎず甘すぎず優しいタレと山椒で。
312_convert_20120109213722.jpg

食べたいものリスト、次々と制覇

食事の後は腹ごなしに正面にあった『東海館』
304_convert_20120109213517.jpg

昔の旅館で、なかなか見応えある館でした。
古い体重計にすら現実を知りたく無さ過ぎてビクッとしちゃったけど
314_convert_20120109213759.jpg

で、とりあえずは旅館に向かうべく伊豆熱川へ。
予約した旅館は北川にある『望水』で、これがまた、すんばらしい旅館だったの~

貸切露天風呂はこんなん出ましたけど。
343_convert_20120109213927.jpg

伊豆大島が目の前ですけど、何か?
352_convert_20120109214015.jpg

アンティーク調の家具で統一された休憩スペースも。
355_convert_20120109214059.jpg

この一時帰国まで約2年間シャワーでお風呂を済ませてきた私。
どんだけ感動に打ち震えていたか、分かります、ええっ

そんでもって、お風呂上りにサービスでシャンパン~
名付けて風呂シャン
357_convert_20120109214137.jpg

部屋で少しのんびり読書して、更に大浴場にもう一度ひとっ風呂浴びに行ったらお待ちかねの夕食

360_convert_20120109214212.jpg

361_convert_20120109214247.jpg

362_convert_20120109214327.jpg

363_convert_20120109214408.jpg

364_convert_20120109214448.jpg

365_convert_20120109214523.jpg

366_convert_20120109214559.jpg

白ワインと一緒に満腹満足。
死ぬならこの瞬間だね。
何の未練も無く成仏できまっす

15日目

が、人間の欲望と胃袋は恐ろしいもので、翌朝のこれまたすんばらしい朝食もペロリ、なのでした・・・

朝食の前に朝風呂で大浴場に行って、お風呂上りにサービスで朝取り野菜も食べたのにね

お米は釜炊き
370_convert_20120109214754.jpg

籠が来たと思ったら
371_convert_20120109214837.jpg

目で楽しむってヤツですか?ガーサスです、日本
374_convert_20120109214913.jpg

汲み上げ豆腐とか
377_convert_20120109214957.jpg

金目鯛の干物とか
378_convert_20120109215031.jpg

朝からお腹が女子にあるまじき曲線を描く・・・

こんな景色を部屋の窓から見ながらチョイとゴロ寝
368_convert_20120109214633.jpg

最後にまた貸切風呂をこころゆくまで堪能してチェックアウト。

ロビーの景色もすんばらしいのです
382_convert_20120109215106.jpg

ここはね~、絶対リピする
家族やカップルなど、少し大人ののんびり旅に断然おススメ

チェックアウト後は伊豆観光、と思うがさして見たいものも無く。
取りあえず栄えている伊豆高原へ。

お昼は軽くお蕎麦を食べたいな~
で、見つけたのがこちら
385_convert_20120109215150.jpg

ショパンが流れる蕎麦屋で
387_convert_20120109215310.jpg

やっぱりビールと付き出しの蕎麦揚げ
386_convert_20120109215225.jpg

軽く…?蕎麦食べに来たのに勧められて穴子天丼付きのセット
388_convert_20120109215510.jpg

もうこうなったらどこまででもやったるで~

帰りは東京駅で降りてなかなかゆっくり話せなかった親友とかと懐かしの有楽町飲み
前の会社の目の前、丸の内の仲通りはどの季節も美しくて大好きな場所
392_convert_20120109215551.jpg

まずは紅虎でピータン豆腐とか
394_convert_20120109215624.jpg

坦々水餃子
395_convert_20120109215706.jpg

やっぱり大好きな焼き餃子
396_convert_20120109215751.jpg

金曜は2時間制の東京ナイト、2軒目はボトルも入ってるガード下へ
397_convert_20120109215831.jpg

シンガポールには無いんだよねぇ、仕事後のこの居酒屋のガヤガヤ感
398_convert_20120109215910.jpg

残業ドツボで終わらない親友が30分だけ顔出してくれて、いつもの飲み友と懐かしい時間を過ごす。
399_convert_20120109220031.jpg

普通に年末年始、仕事やら会社の付き合いやらで忙しいのに時間を作ってくれてありがとう
日本もいいなぁ、って思う瞬間です

この後彼女達は4軒目まで行った模様ですが、さすがに私は2軒目で撤収~

16日目

もうね、長いとか見てるだけで胃が重いって苦情が出ようが意地で書き切りますよ、私ゃ
私も頑張った、だからみんなも頑張ろう(何だそりゃ

遅ればせながらの初詣。
帰りにシンガポールにもって行きたいアレコレをお買い物。

セール真っ只中だけど、南国のシンガポールに冬服は無用で全部スルー。
大好きなマンガやユニクロのホームウェア、サングラスや化粧品、日用品、食材など買いまくり

日本はやっぱりすごいね。
いろんな種類や便利なものがたっくさんあって暴走しちゃうよ

あ、もちろん合間にノルマ(もはやそんな感じ)も忘れませんよ。
美味しいと評判のつけ麺屋さんへ。
400_convert_20120109220116.jpg

美味しいけど・・・魚粉がたっぷりでかなりドロドロのボリューミィなつけ麺
402_convert_20120109220157.jpg

つけ麺スープで割っても尚しっかりしたお味。
403_convert_20120109220238.jpg

アラサーにはちょいと重めだけど、お味は美味しいので次回は普通のラーメンに挑戦してみます

夜はうどん鍋で野菜摂取。
家のお鍋がやっぱり好きだな~

18日目

いよいよ日本最終日。
朝からパッキングで汗だくだく

帰りはExtra Chargeを払って預け荷物30kgまでOKにしたもので。
あれもこれもと体重計とにらめっこしながら、お陰様で増加した体重でスーツケースの上にふんぬっと乗っかり無事完了。

お昼は炊きたてのご飯でTKG
404_convert_20120109220318.jpg

最後に湯船に浸かって、美容院に行ってパーマネントをあてる

最後の夕食は、真ん中の姉も甥を旦那さんに任せて、家族水入らずでお寿司屋さんへ。
405_convert_20120109220354.jpg

母と姉2人と私の女4人。
みんな自分のしゃべりたいことをしゃべって、聖徳太子でも聞き取り不能だろうけど楽しかったわ

みんなも普通の生活があるのに色々ありがとう。
お陰様で久しぶりの日本、大大大満喫っした

シャトルバスまで見送ってもらって、そんなにみんなで見送られると長いお別れみたいですが、また今年中に帰る気満々ですから

今度は気候がいいときかな~

19日目

家に帰るまでが遠足です

KLからSingapore行きの飛行機で見た朝日は美しく
408_convert_20120109220427.jpg

Green Curryの機内食も美味しくいただけましたとさ
411_convert_20120109223334.jpg

南国シンガポールは本日も30度超えで湿気大国。
でもそれが懐かしくも嬉しく感じる自分もいたり。

だって日本乾燥しすぎて、踵はひび割れ、ジェルネイルも剥がれたり欠けたり。
目薬だって差しまくり。

住めば都、日本も大好きだけどシンガポールだってなかなかです
ま、飛行機着陸から預け荷物ピックアップ、タクシーで家に帰るまで40分弱という便利さはシンガポールが圧勝かな

それでは皆さん、長いことお付き合い頂きありがとうございました。
シンガポールではごく普通の、ちょっぴりお酒好きな女の子の食生活なのでご安心を
ご無沙汰しております。
12月23日から一時帰国で日本におります。

昨年の年末年始は暖かいオーストラリアで今ひとつクリスマス年末年始のテンションが上がらなかったこと。

年中南国のシンガポールにいるから「寒い~」を経験したかったこと。
(あまりに寒すぎて後々少し後悔してみたけど・・・

何より、日本の、ニッポンの食を食べて食べて食べまくりたかったので約2年ぶりに17日間も滞在という長めの休暇で戻ってきました

FACEBOOKで何食べてやろうリストに載せる食べ物を募集したところ、みんなからの返信で日本の食文化の高さに武者震い

とりあえず2011年を終えた今、あたい、やったよ、やり遂げたよ・・・

真っ白な灰になって迎えた2012年。
大晦日は二日酔いでもないのに胃がもたれすぎてお酒も飲まず太田胃散、朝昼は食べれなかった・・・
日本での食事の回数は限られてるのに、チッ。

そんなわけで、自分で自分を褒めてあげたい食い倒れ2011年末を写真でお送りします。

海外組のみんな、指をくわえてみるが良い
代償は無数の口内炎と2.5kg体重増だけどね

1日目
女子大時代の仲間たちとホームパーチー
毎回恒例のMみん邸で一品持ち寄り、酒飲みのハートを鷲掴みのおつまみや手作りピザとか色々。
何より久々にみんなで集まってのおしゃべりが楽しく酔っ払い。
写真、忘れた、チーン・・・

2日目
男友達とご飯へ。
シンガポールに日本酒一升瓶を担いで持ってきてくれた彼は食道楽でお酒も通

1位から9位まで全部頼んだよ(10位は満腹すぎてギブ)
逕サ蜒・148_convert_20111231164533

カルビ、この大きさが4~5枚で780円とか激安ですが・・・
逕サ蜒・152_convert_20111231164554

「レバーは焼いてくださいね、でも生でも食べれる新鮮なものしか出しません」という店員さん。
しばし無言で見つめ合い、「ここで焼いたらレバーに失礼」と当然生でGO
(自己判断でどうぞ。生レバーはとろけるほど甘美なお味でした
逕サ蜒・154_convert_20111231164622

マッコリも微炭酸で開栓時には細心の注意が必要
逕サ蜒・155_convert_20111231164708

5時くらいに入店し7時くらいに退店した時には寒いのに店の前で大行列。
早めに行くか予約がお勧めです。
逕サ蜒・159_convert_20111231164154

その後腹ごなしでちょっと亀戸散策をし、品切れで閉店していた亀戸餃子への未練が断ち切れず別店に餃子を食べに。
逕サ蜒・161_convert_20111231164734

ホッピーは下町の味だね
逕サ蜒・162_convert_20111231164811

3日目
地元の神社に2年間海外で無事に過ごせたお礼参りとお札を返しに行く。

が、もう一つの目的は神社の近くの広島焼き。
逕サ蜒・164_convert_20111231164302

キャベツとおたふくソースたっぷりがたまりまへんなぁ
逕サ蜒・166_convert_20111231164848

夜は自宅でお鍋。
両親共に東京出身なのになぜか我が家の鍋はお味噌味。
逕サ蜒・167_convert_20111231164933

餃子も入れるのが我が家の味なのです。
ここで王将デビューかと思ったら、大阪王将と餃子の王将って違うらしい。
逕サ蜒・168_convert_20111231165001

4日目
日本で働いていた会社の人達と丸の内ランチ
6名だし久々に会って話したいのがメインだったので、会社の近くのイタリアンでジェノベーゼパスタランチを食べる。

話に夢中になり写真を忘れる、チーン・・・。

夜はちょい悪ダンディな会社のお偉い様とお客様の社長(それも初対面)に厚かましくも合流させていただきご馳走になる。

大将、ご無沙汰しております
逕サ蜒・170_convert_20111231165101

しめ鯖とか
逕サ蜒・179_convert_20111231165517

甘くてねっとりとした烏賊とか
逕サ蜒・176_convert_20111231165318

本当に美味しいマグロって赤身で十分とろけます。
逕サ蜒・175_convert_20111231165239

冬だけど、大好きなウニを特別に出していただいたり。
逕サ蜒・174_convert_20111231165152

お土産までご馳走になり(寿司折り片手に典型的サラリーマンの酔っ払いとして帰宅
逕サ蜒・178_convert_20111231165357

更に銀座のおでんの老舗・御多幸に連れて行っていただき
逕サ蜒・183_convert_20111231165605

スープの色はしっかりしているけどお味はあっさり、でも出汁はしっかり。
逕サ蜒・186_convert_20111231165812

ここもまたお土産を頂き、更に銀座のクラブに連れて行って頂き、東京ナイトフィーバーの夜は更けていくのです・・・

5日目
少々胃に疲れが見えてきたが、気合で昼から母とてんぷらへ。

カウンターで昼からビール
逕サ蜒・188_convert_20111231165859

こちらはゴマ油の風味が香ばしいお店です。
逕サ蜒・191_convert_20111231170000

途中から冷酒に切り替える。
逕サ蜒・192_convert_20111231170124

〆はかき揚げで天丼。
逕サ蜒・194_convert_20111231170158

見てる皆さんも具合が悪くなると思うので箸休めに日本の冬晴れ
逕サ蜒・196_convert_20111231170245

と、なぜか兎が祭ってある珍しい神社へ腹ごなしにお散歩(狛犬の代わりに兎が出迎えてくれる)
逕サ蜒・199_convert_20111231170313

夜は友人と銀座の石川県料理へ。

お通しからキテます
逕サ蜒・204_convert_20111231170643

ほ、ほたる~(北の国から風にどうぞ)
逕サ蜒・208_convert_20111231170805

あん肝ちゃん、パースでもシドニーでもシンガポールでも出会えなかったね
逕サ蜒・206_convert_20111231170722

寒ぶりとカニをシャブするんですよ、シャブ。
逕サ蜒・210_convert_20111231170851

こうやってね
逕サ蜒・213_convert_20111231170938

〆はもちろんトロトロ卵のお雑炊。
逕サ蜒・214_convert_20111231171010

久々に話したり、大切な友人の旦那さまと初対面できたりで、ほろ酔いナイト

6日目
新入社員で入った会社の先輩が鉄板焼きに連れて行ってくださると
ちゃんと覚えていてくれたのね、鉄板焼きかてんぷらのリクエスト(てんぷらはDoneだったので却下しましたが)

東京駅大丸の最上階で。
逕サ蜒・226_convert_20111231171422

東京取ったど~という景色を眺めながら赤ワインをチーン
焼き野菜とか
逕サ蜒・216_convert_20111231171049

ホタテちゃんとか
逕サ蜒・219_convert_20111231171124

もちろんお肉はミディアムなレアでお願いしましゅ
逕サ蜒・223_convert_20111231171221

肉汁が甘いったぁ、このことでぃ
逕サ蜒・225_convert_20111231171258

男気あふれる先輩(ごまスリスリ)、お次は牡蠣で飲みなおそうと。
逕サ蜒・228_convert_20111231171509

東京駅の地下に、日本からタスマニアからフランスからの牡蠣が食べれるの~
逕サ蜒・231_convert_20111231171606

白ワインに切り替えたのでチーズがこっくりで牡蠣のエキスが美味しいリゾットで〆。
逕サ蜒・232_convert_20111231171653

ま~さ~か~の、幼馴染と飲み交わすということでもう一軒

だいぶ出来上がっていてすみません

でもレバーの絶妙な焼き具合にねぎ間にブルったのは覚えてる。
逕サ蜒・236_convert_20111231171807

モツ煮込みちゃん、あなたのことが大好きよ
逕サ蜒・234_convert_20111231171739

何から何までご馳走になってしまい、先輩、本当にご馳走様でした

7日目

姉と「もちもちの木」というお店でラーメンを食べに行く約束をしていたけど・・・
さすがにGIVE UPでこの日のランチは家で卵かけご飯

夜は大忘年会で懐かしい大好きな仲間たちと宴会
メキシカン料理@新宿
逕サ蜒・239_convert_20111231164446

みんなお変わりなく~
逕サ蜒・246_convert_20111231171943

2軒目は新宿という場所柄オカマバーへ。
トイレはママ(?)のチェリーちゃん好みのムキムキ男子写真が
逕サ蜒・261_convert_20111231172033

隣の客と合流で大カラオケ大会
逕サ蜒・273_convert_20111231172120

次の日仕事(の人もいた)でもヤンチャできる大人になれないみんなが大好き
逕サ蜒・276_convert_20111231172204

寒空の朝の五時、四の字固めをする女子と男子っぷりもね
逕サ蜒・285_convert_20111231172257

8日目
もうね、読むほうも限界だろうけど、食べた方も限界を迎えたこの日。

それでも食べれた母特製の野菜モリモリサッポロ味噌ラーメン
逕サ蜒・287_convert_20111231172337

夜は地元でゴルフやら飲みやら色々お世話になった年上の知り合いたちと久々の再会。

食通で酒通の知り合いお勧めの懐石料理。
逕サ蜒・203_convert_20111231170346

色々チョコチョコ出てくるのが好きですわ、女子ですもの(一応)
20111230182554.jpg

秀逸は牡蠣の昆布焼き
20111230184947.jpg

出てきたエキスは別に小皿にとって頂き、
untitled.jpg

昆布もパリパリに焼いてもらって、日本酒に合うんだな~
untitled4.jpg

焼き蟹もしつこくホジホジして食べる
untitled5.jpg

筑前煮って懐かしいよね~
untitled3.jpg

〆は粕汁でポカポカ温まり
untitled7.jpg

いざ出陣
久々に会えた面々と楽しくカラオケに飲みに、朝3時にまさかの焼肉

こんな時間に肉厚のタン塩からの~
untitled8.jpg

ミノとカルビ~の~
untitled9.jpg

豚トロも食べ~の~
untitled10.jpg

写真忘れたけどコムタンスープも食べ~の~

撃沈・・・

大晦日はさすがに夜まで食べれず、でも夜にはしゃぶしゃぶと年越しそばも食べましたとさ

連日暴飲暴食で泥酔帰り、部屋で就寝したのはわずか1日(残りは居間で撃沈
私の体力と胃袋に家族も動揺が隠せなかったようですが・・・

何より年末忙しい中一緒に遊んでくれてどうもありがとう
日本にみんなというすんばらしい仲間がいるから海外でも頑張れるのです

あ、でもまだもう少し日本におりますので
そう、恐ろしいことに次のブログ、『2012年始・食い倒れ一時帰国』へと続くのです・・・
Long Holidayも終わり、いよいよ乾期突入か毎日暑い
美味しいものでも食べてテンション上げましょう~

ということで、今回のブログは全力で食べログ。
いつも食べ物ばっかりじゃんって?確かに

だけど、今回はお腹いっぱいの方は少し消化されてからご覧下さい(ゲフッてなるから


休日の夜、節約ディナーでホーカー集合で女子談義。
前日飲み過ぎたのでアルコール抜き二軒目スタバおおっ女子っぽい

4人集まればテーブルもギッシリなりますわ。
逕サ蜒・544_convert_20110508222932

酒抜きでイロイロ語るとちゃんと記憶が残るからたまにはイイネ


水曜、日本からお仕事でシンガポール→タイに行くという知り合いと久々に再会。

@BOAT HOUSE
3 Fullerton Road
#03-01 The Waterboat House Singapore 028415
+6565389038

久々だね~乾杯はシャンパンで
逕サ蜒・495_convert_20110508221604

こちら、ペリエ社のART OF VINTAGEというシャンパンで、香りも高くて美味しかった
逕サ蜒・506_convert_20110508221940

そんなシャンパンに合うのはやっぱりお牡蠣様。
逕サ蜒・496_convert_20110508221629

アペタイザーはこちら。フォーク刺さってるWater melon with saltって、普通にスイカじゃ・・・
逕サ蜒・497_convert_20110508221651

気を取り直して大好きなホワイトアスパラ~
逕サ蜒・501_convert_20110508221830

モツァレラチーズがバルーンで出てきて、
逕サ蜒・498_convert_20110508221714

潰したらほんの一口
逕サ蜒・499_convert_20110508221741

サーモンマリネのオッサレ~な盛り付け。
逕サ蜒・502_convert_20110508221853

メインはプーケットですら高くて手が出なかった念願のロブスター
逕サ蜒・503_convert_20110508221919

オサレレストランなので全体的に照明が暗いのがブロガー的に悔やまれる・・・

夜の定番のClarke Quayに移動中、タクシーから見えるサンズがキレイザンス
逕サ蜒・508_convert_20110508222002

水タバコはニコチンが入っていないというのを知って、フゥ~と一服バラの良い香り
逕サ蜒・513_convert_20110508222024

更にホテルのバーで〆ピニャコラータここはシンガポールスリングだろ、と突っ込まれるがもう飲めにゃい
逕サ蜒・521_convert_20110508222048


木曜、同僚Jさんとベリーの愉快な仲間達と飲む
逕サ蜒・524_convert_20110508222212

@三代目文治
9 Raffles Boulevard, #01-14/15 Millenia Walk Singapore
+65 6333 1516

逕サ蜒・523_convert_20110508222147

行く当日に、以前行ったことのある弊社社長に結構高いと聞いてビビル

かつおのたたきは一切れを二つに分け合って食べる
逕サ蜒・529_convert_20110508222426

ウリの牛タン1人一切れ
逕サ蜒・547_convert_20110508223236

おでんは贅沢して卵と大根と仙台麩を1人一個ずつ
逕サ蜒・527_convert_20110508222336

逕サ蜒・531_convert_20110508222452

卵は半熟~
逕サ蜒・528_convert_20110508222401

が、ペコッ腹は満たされず、節約のために早くも麦トロご飯を投入

結果、2杯目の日本酒が全く進まないという珍事発生
逕サ蜒・535_convert_20110508222632

いや、インテリアも凝っててソコソコ美味しいんですよ
逕サ蜒・533_convert_20110508222536

でも、こんなにビビリながら食べなきゃいけないならリピは無いかな・・・

めげずに二軒目は並びにあるBreweryへ。
逕サ蜒・536_convert_20110508222658

ビール樽を背にしたステージでバンド演奏もあるらしい
逕サ蜒・539_convert_20110508222748

やはりお腹いっぱいなので、ビール一杯が遅々として進まず・・・
逕サ蜒・538_convert_20110508222722

麦トロご飯で〆っちゃいましたが、やっぱり楽しい女子会でした

箸休めに、Harbour Frontから見たセントーサ島の景色をどぞ
逕サ蜒・550_convert_20110508223355

金曜日、白金店に何度も行った酉玉シンガポール店に嬉々として上陸

酉玉 Robertson Walk店
11 Unity Street #01/02 Robertson Walk
+65 6836 5680

ハッキリ言って、超美味しい
日本のお店と遜色無し

10本盛り合わせでオーダー

つくねもフワフワ
逕サ蜒・522_convert_20110508222122

英語じゃイマイチ理解できなかったけど、店員さんがノドって一生懸命言ってた。
逕サ蜒・532_convert_20110508222515

火の通ったレバーは唯一苦手な食べ物だけど、コチラはトロッとして匂いも気にならず美味
逕サ蜒・526_convert_20110508222314

相当久しぶりに銀杏も食べれたし、満足満腹~

近くには二軒目にちょうどいい、噴水の近くでオープンエアバーも有るし
逕サ蜒・543_convert_20110508222908

ここは通う予感必至ですわ


ゴールまでもう少し(何の?)

週末、同僚Jさん絶賛のIKEA飯を食べに買い物に行く(何かがおかしい・・・)

照り焼きじゃないサーモンはガポーでは珍しいの。美味しい~
逕サ蜒・548_convert_20110508223302

そして、遂に排骨(バクテー)ヴァージンを破りました
逕サ蜒・555_convert_20110508223536

Song Fa Bak Kut Teh
17 New Bridge (Upp Circular Rd) #01-01
+65 6438 2858

お酒の後に最高と良く聞くけど、肉々しい感じがど~も・・・
全然脂っぽくなくて美味しい~
逕サ蜒・551_convert_20110508223420

普通にお酒飲んでない夜ご飯に行ったのでご飯付けたけど、飲んだ後はご飯無しか麺を付けるらしい。

ポークリブも煮込んであるのでサッパリしてるし、だしとスパイスが効いている塩味のスープはお替りし放題。

飲んだ後は大抵タクシーで帰る私。
バクテー途中下車、なんていうオプションが加わらないといいんだけど・・・


ほ~ら、ねシンガポールに来たくなったでしょ
って、シンガポール宣伝としては逆効果な気がする・・・

さすがに反省しております、私。

地味ながら、朝食を酵素に置き換えてます。
週に一度ペースですが、家から徒歩2分のプールで泳いでいます

今のところ、100gたりとも体重が減る気配はございませんが(当たり前)、万里の道も一歩から、ですよね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。